2014/11/18

ACT.217の続き妄想用のネタ。

ACT.217の続き妄想書きたいー!
と言っていたくせに、結局実行できないまま、気づけば発売2日前。
早売りの早売りをする中部地方ではもう店頭に本誌が並んじゃってる日じゃないかーーー!

ってことで。
完全に賞味期限切れ確定になっちゃったネタ。
文章にする時間も気力も脳みその容量も残っていないので、こんなの考えてたのよーという記録を残すことにした。

(多分)ネタバレがっつり、勝手な妄想爆発なので苦手な方は回れ右。
箇条書きの書き散らしなので、そういうのも無理!って方も回れ右。




・ショータローの両親がキョーコに会いに来る。
・用件は「キョーコを不破家の養子にしたい」ということ。
・ショータローはもう戻る意思もなければ望みもない、ということからの判断。
・いずれは養子になったキョーコが婿を取り、旅館をついでくれれば、という考え。
・冴菜さんの許可も得たという。キョーコはショックで何も言えない。
・「キョーコも東京でまだやりたいことがあるだろう。結論は急がない」とショータローの両親は京都に帰る。

・その後、何事もなかったように仕事をするキョーコ。しかし合間合間に元気がない様子を見せる。
・気づいた椹と奏江が問い詰めるが、キョーコは口を割らない。
・奏江から「母親絡み」と尋ねられてキョーコが固まったことから、母親が絡んでいることはばれる。
・また、椹がラブミー部に仕事を依頼しようと電話した時に「幼馴染の両親が来るのでその日は仕事を受けられない」と断っていたこと、その日を境にキョーコの様子がおかしくなったことから、「幼馴染の両親」も絡んでいることも、椹と奏江はつかんでいた。
・椹と奏江が、口を割らないキョーコをどうしたものかと相談しているのをマリアが聞く。それを蓮の耳に入れる。

・なかなか会う機会が撮とれない蓮もキョーコに「悩み事がないか」とさりげなく電話で聞くが、はぐらかされる。
・会った時ですら、煙に巻かれて逃げられる。
・そうこうするうちに、キョーコがローリィに「やめるかも」的な話をする。(グアム前の「気になること」につながる?)
・でもやっぱり事情は言わないキョーコ。
・ローリィ、蓮に報告。
・キョーコは相当追いつめられているのでは、と聞かされて蓮さん決意。
・キョーコが事情を話すとすれば、コーンしかないだろう、ってことで蓮さんコーンになる。

・LME屋上に社長命令で待機するキョーコの元に、コーン現る。
・「グアムで助けてくれたから、俺も力になりたい」的なことを言って丸め込んで、キョーコさんから話を聞き出すコーン。
・養子?結婚?冗談じゃない!(蓮さん心の声)
・「俺と一緒に……いや、俺の元に来ない?」

一体どこへだ!!
……と突っ込みたくなるところで強制終了。
ってなことを考えておりました。

最後はコーンばれして、とっととキョーコさんをかっさらって不破家の養子にされちゃう前に、久遠・ヒズリのお嫁さんにしちゃえばイイノヨー。
ってなことを考えておりました。

ま、これじゃあ千織ちゃんまるっと無視しちゃってるし、アリエナイことくらいわかってるけど。
吐き出してすっきりー。

いじょ。


関連記事
ひとりごと。