FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2014/05/25

呼び名を変えて?

ネタバレはないとは思うけれど、一応「トラジック・マーカー」撮影終了後設定。


呼び名を変えて?

『トラジック・マーカー』の収録が終わった直後、キョーコと蓮はそろってローリィに呼び出された。

「蓮、そろそろ「最上さん」はやめとけ」

てっきり長期にわたる大変な撮影及び特殊な生活を終了し、ねぎらいの言葉をかけられるのだと思っていた蓮とキョーコは、ローリィの言葉に目を丸くする。

「……一体何ですか、突然」
何とか立て直した蓮が尋ねると、キョーコも隣でこくこくとうなずく。
ローリィはため息を一つ。

「最上くんもまだデビューこそしていないものの、じわじわと現場での認知度も上がってきている」
「そうですね。それが?」
美緒やナツと言ったドラマでの当たり役に加えて、最近はバラエティ番組にも呼ばれ始めたキョーコ。ラブミー部の仕事も好調でLME内だけでなく、外部でも名前が知られるようになっていることは蓮の知るところでもあった。

「それが?じゃねーだろう」
「それと俺が最上さん、と呼ぶことに何の問題があるんですか?」
「おーまーえーなぁ。せっかく「京子」が世間に認知され始めたんだから、LMEの先輩頭であるお前がアピールしてやらんでどうするんだ?」
「そ!そんな!敦賀さんにワタクシなどをアピールしていただくなど恐れ多い!」
ローリィの言葉に即、反応したのはキョーコの方だった。
しかしローリィは首を横に振る。

「まぁアピールは冗談として、だ。いつまでも蓮1人が現場での呼び方にずれがあることが問題になるっつってんだよ。最上くん、業界では君はもうタレント「京子」なんだからな」
「はい」
「蓮だけだろう?君のことを現場でも最上さん、なんて呼ぶのは」
「はぁ……言われてみれば……」

ローリィの言うとおり、仕事の関係者はみなキョーコのことを「京子」「京子さん」「京子ちゃん」と呼ぶのだ。
そもそもキョーコが「最上キョーコ」という名前であることを知る人物すら少ない。
知っているのは幼馴染のショータローやそのマネージャーの祥子、ラブミー部員たちとLME社員の一部に限られる。
知る人もほとんどが下の名前で呼ぶ。音は一緒なので「京子」と呼ばれているのと大差ない。
ローリィや椹は「最上くん」と呼ぶが、そもそも社外で会話することが少ないのだから問題はない。
問題となってくるのは、蓮だけなのだった。

「ま、そういうことだ。蓮、気をつけろよ」
「はあ……」
「最上さん、じゃなくて京子、だからな。もちろん「ちゃん」付けだろうが「さん」付けだろうが自由だがな。うっかり現場で「最上さん」呼びを出さないように今から練習しとけ。話はそれだけだ」

ナツコちゃんを待たせてるからな、と言ってローリィは席を立つ。
そしてそのまま去ろうとしたようだったが、キョーコと蓮の表情を見て、にやりと笑った。
「ま、慣れたものを急に変えるってのは難しいかもしれんが。百面相してないでちゃんとやれよ、2人とも」
2人の返事を聞くことなく、ローリィはあっさりと出て行ってしまった。


残された2人は、突然落とされた爆弾の処理に必死だ。

(つつつつつつ敦賀さんから呼び捨てとか!「キョーコちゃん」なんて呼ばれたら!かっかっ顔が!顔が~!表情筋が破壊されるわ!!!ダメよそれ以前に心臓がもたないわ~~~~~!)

(敦賀蓮でも堂々と呼び捨てにしてもいいのか……嬉しいけどいざ呼ぶとなると……ちょっと照れるというかどう切り出していいかは悩むな……)

照れたり焦ったり喜んだりと中身は大わらわではあるが、ポーカーフェイスを装う2人。
そろそろと互いの表情を伺い、視線が合えばぱっとそらす。
それを幾度となく繰り返したのであった。

【END】

******************************

補足。
貴島も「最上さん」だと知ってますね。

素敵サイトへの玄関口☆
スキビ☆ランキング
関連記事
短編

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。